歯科診療をしながら世界にエビデンスを発信しましょう

皆様の日常臨床における悩みが臨床研究へと発展し、その結果がエビデンス(科学的根拠)となり、医療制度や政策を動かすことになるかもしれません。             

また、診療での「悩み」や「研究の題材」は診療をしている皆様の中にしか存在していません。よって日々の臨床現場には切実な研究テーマが数え切れないほどあると思います。小さな疑問と思うことが、まだ行われていない、重要な研究のテーマかもしれません。

ぜひ私たちと一緒に、診療に基づく臨床研究の結果を世界に向けて発信していきましょう。

 ロゴ最終版4.jpg

▲このページのトップに戻る